A SMALL, GOOD THING

先日、会社の同僚からピータンを頂きました!
台湾から遊びに来た友達が、お土産にくれたのを
おすそ分けしてくれたのです。

優しくて感激!

e38394e383bce382bfe383b3
ピータン大好き、タクロック&オノダン。
家に持って帰るのもウキウキでしたわ。

そして、帰ってすぐに調理!
e38394e383bce382bfe383b32
黒酢たっぷりの、ピータン豆腐にしました。
あいにく、ネギが無かったけど~。
超美味しかった。

やっぱり、ピータンはヤバイね。
もっと食べたい!
日本のスーパーでも安く売ってくれ!

DELICIOUS

先週の土曜。

徹夜でイカ釣りに行ったタクロックが、
タコ1匹を持って帰ってきました。

タコ~。

タクロックの、その状況は面白いけど…、
そして、タコ、食べるのは好きだけど…、
処理を想像しただけで、メンドクサイ…。

洗濯機使ってヌメリを取る、
とか聞いたことあるぞ…。

しっかりヌメリを取らないと、
臭くて食べられない、
とか何とか…。

タコを見てみると、
デロン、としてる。
e382bfe382b31
確かに、ヌメリ、凄そう。

ネットで処理方法を調べて、
塩でガシャガシャ揉んでみました。

何度も何度も。

そして、茹でた!
e382bfe382b32
店で売ってるやつみたい!

こちら、切ってお醤油で食べましたが、
臭くなくて美味しく出来ました。

あー、良かった。

じゃ、今度は、イカをお願いします。

カメラ

六甲山ハイキングには、
新しいアイテムを持って行ったタクロック。

それは、一眼レフカメラ!
e382abe383a1e383a9
買ったんじゃないですよ。
タクロックのパパから借りた物です。

オノダンは相変わらず、
自分のデジカメで写真撮りましたが、
(ブログに載せたのは、自分のカメラで撮ったもの)
タクロックは一眼レフでウキウキ。
何度も立ち止まっては、真剣に写真を撮ってました。

オノダンもちょっとだけ、
一眼レフで撮らせてもらいました。

これとか。
susuki
やっぱり、すごい綺麗な仕上がりだと思う!

あ、でも、
小さい写真じゃ分かりにくいですね…。

またカメラ貸してもらって、
素敵な写真を撮りたいと思います。

六甲山ハイキング2

一般コースの第一のポイント、
風吹岩。

9e9a2a8e590b9e5b2a9
大きな岩。
沢山の人が登っていました。

ここで、ランチタイム。
岩の上で、お弁当食べました。
10e5bc81e5bd93

その後、また歩き出し。

横池とか、
11e6b1a0

静かな道とか、
12e5b1b1e98193

川とか、
13e5b1b1e981932
ヘロヘロになりながらも、
楽しく越えて、

六甲山の最高峰到着!
14e69c80e9ab98e5b3b0
歩き切ると、
やっぱり達成感ありますね。

しかし、この日の我々は
まだ終わらなかった。

この後、
有馬温泉に向かうルートへ。
15e69c89e9a6ace381b8

念願の、有馬で一風呂。
「銀の湯」という温泉に寄りました。
16e98a80e381aee6b9af
温泉には、ハイキング後のお客さんが沢山。
みんな、考える事一緒なのね。

結局、
芦屋から有馬まで、7時間くらいだったかな。
よく歩いたと思います。

その日の夕飯は有馬で。
17e5a495e9a3af
ビールが美味い。
頑張った後の食事は格別ですね。

他にも近場でハイキングコースがあるなら、
チャレンジしたいと思います。

そして、美味しいビールを飲む!

六甲山ハイキング1

10月の三連休の中日に、
前から行きたかった六甲山ハイキングに行きました。

スタートは、阪急芦屋川駅。
1e88aa6e5b18b

すごい高級住宅を横目に、
とにかく歩く。

ちょっと行くと緑が多くて、気持ちいい。
2e3838fe382a4e382ade383b3e382b01

「芦屋ロックガーデン」の中の滝を越え、
3e6bb9d

ここからが、ハイキング本番。
3e98193
結構細い急な道もあります。

と、こんな看板が。
4e382b3e383bce382b9

「当然、一般コース行くだろ」
と思っていたオノダン。

が。

タクロック大先生は、
中級コースを所望されました。

そう。
そういう人。
タクロックって。

そして、
それを断らない、
オノダン。

そう、
断らない人、
オノダンって。

いつものパターン、
またこれか…、
しょうがねーな…、
と思います、
オノダン。

中級コース。
5e4b8ade7b49ae382b3e383bce382b9

このコース、危険でした。
川の岩をよじ登る人々…。
これ、ロープとか、無いんですよ。

私、人間ですけど?
鯉じゃねーし。
野生の動物でもねーし。

しかも、高くて狭い所は苦手なオノダン。
これには、
さすがに、
ギブアップ。
(タクロックは進む気満々でしたがね…)

オノダンが、強引に、引き返しました。
一般コース様へ。
6e4b880e888ace382b3e383bce382b9
この、一般コース様の素晴らしいこと!
超歩きやすかった。

とは言っても、
チェーン使って登るような場所もあり。
7e38381e382a7e383bce383b3
一般コースで十分面白いじゃん!
と思います。

身の危険も減ったので、
景色を眺める余裕もできました。
8e79cbae38281e3828b

宮崎結婚式便乗旅行:高千穂

宮崎滞在の目的は結婚式だったので、
宮崎に行くまで、その他の観光について
全く何も考えてなかったタクロック&オノダン。

我々にとっては珍しく、本当にノープラン。
でも、
時間があれば、やっぱり楽しみたい我々。

ホテルで見た、高千穂の写真に影響され、
そこへの行き方をせっせと探る我々。

高千穂は、宮崎から車で3時間ちょっとかかるとか…。

ちなみに、結婚式の翌日は、
夜6時台の飛行機で関西に帰る予定の我々。
間に合うのか?

いや、
間に合わす!!

という気合いで、朝から高千穂へ向かいました。

前日借りておいたレンタカーで出発!

e9ab98e58d83e7a982

高千穂に近付くと、綺麗な景色が広がっていました。
異空間~。
e9ab98e58d83e7a982e381aee699afe889b2

まずは、お目当ての
「高千穂渓」へ。

着いて早々、この景色!
e9ab98e58d83e7a9822
シビレタわぁ~。

しかし、残念なことに…。
その少し前の台風で、水量が増していて、
船に乗れない、というガッカリな事実判明!

船乗り場が、増水の影響で壊れている
って程の酷さらしい。

係のオジサンも、
「悪いのは台風だからね~~」
と言っていた。

本当に、酷い。
憎い。
いいかげんにして欲しい。
でも、避けられない事実。

川沿いに遊歩道があったので、
そちらで楽しみました。
e9ab98e58d83e7a9821

本来であれば…。
ここを、船で遊覧していたはずでしたのに…。
e9ab98e58d83e7a9824-2

ここの景色は、写真で見た美しい景色そのもの。
素晴らしい。

岩の形も魅力的。
e9ab98e58d83e7a9823

e9ab98e58d83e7a9825

e9ab98e58d83e7a9826

e9ab98e58d83e7a9827

そして、ヤマメが美味しかった~。
e383a4e3839ee383a1

その後、まだ時間がありそうなので、
高千穂神社へ!
e9ab98e58d83e7a982e7a59ee7a4be
ここもパワースポットらしいですね。

夫婦杉というものがありまして、
e9ab98e58d83e7a982e7a59ee7a4be2
手をつないで、3周すると仲睦まじく過ごせる、
とか何とか書いてあったので、
手をつないでグルグルして来ました。
我々は、ますますアツアツになることでしょう。

その後、まだ時間があるかもしれない!
いや、無いかもしれない!
いや、ギリ行けるでしょ~!

という事で、行った、
天岩戸。
e5a4a9e5b2a9e688b8
最近はパワースポットブームなのか、
結構な混み具合で、
時間もかなり食いましたが…。

とても神聖な空間へ、
行けた事に満足しました。
e5a4a9e5b2a9e688b82

そして、やっぱり途中で時間切れで、
天岩戸は全て見る事が出来ず…。
残念~~。

ちなみに、天岩戸には、
こんなんも居ました。
e5a4a9e5b2a9e688b8e38186e3819ae38281
人が来ると(?)、回転します。
夜にこれ見たら、怖いよね~。

今回は、増水してたり時間が無くて
残念な部分もあったので、
またちゃんと観光する機会を作りたいと思います。

高千穂には、高千穂夜神楽まつり、
という有名なお祭りもあるようです。
いつか見てみたいなぁ~。

あ、飛行機には間に合いました!

宮崎結婚式便乗旅行:青島

タクロックの親戚の結婚式は午後からだったので、
当日の朝は、観光名所の「青島」に行きました。

タクロックのパパが借りてたレンタカーを拝借。
e383a4e382b7e381aee69ca8
ヤシの木が!
南国みたい!

こちら、青島。
e99d92e5b3b6
鬼の洗濯岩、とも言われる場所。
e99d92e5b3b62
どういう風にできたのかな?
と調べたら↓

砂岩と泥岩が交互に重なった地層からなる山が沈降して海に浸かり、
波に侵食された後にわずかに隆起することで「隆起波食台」
と呼ばれる地形が形成された。

とかなんとか。

足元見ると、
この石、人工なんじゃないか?
と思うほど不思議。
e99d92e5b3b63

青島には神社もあります。
e99d92e5b3b64

e99d92e5b3b65
この中に、面白い占いの場所がありました。

このお皿を、奥にある岩に投げるんです。
e99d92e5b3b66
岩の所に入ると、願いが叶うらしい。

オノダンのは、全然別の方向に飛んでって、
ものすごい勢いで、
木端微塵に砕け散りました…。

岩に届かなかったけど、
全ての悪運が、木端微塵になったような、
逆にスッキリ!
という気持ちになりました。

とにかく、これ面白かった~!

宮崎結婚式便乗旅行:結婚式

9月末のことですが、
宮崎でタクロックの親戚の結婚式に参加しました。

空港に着くと、この方がお出迎えしてくれました。
e38392e382ace382b7
すごい、やっぱりこの人はまだ健在のようです。

今更ながら、タクロック&オノダンの間では
「どげんかせんといかん」がちょっとヒット!

「家賃を…どげんかせんといかん!」
とか、使えますよね。
厳しい問題も笑いでカバー!
という基画期的なツールです。
(ちなみに、家賃は、払えています…。)

結婚式は、宮崎神宮で挙げられました。
e7b590e5a99ae5bc8f
すごく緑が綺麗で静かな環境。
オノダンは神前式に参加したのは初めてでしたが、
体験してみて、素敵だ~と思いました。

オノダンは古い物事が今に残という事実が好きです。
昔からその土地で祀られてきた神様に認めてもらおうだなんて…、
と、
挙式中に、歴史に思いを馳せまくりました。

披露宴ではタクロックパパも活躍!
e7b590e5a99ae5bc8f2
正に、気さくで優しいお二人の披露宴、という感じで
とても楽しめました。

そして、花嫁の手紙は、やっぱり泣けました。
感情移入~~~!

今後のお二人の幸せを祈り、
ずっと我々と仲良くしてくれることを願っています。

動画を載せてみたい欲

盧廣仲にお熱なオノダンは、
飽きる事なく、毎日毎日彼の歌を聞いています。
ラブ。

7月に出たアルバムの中の曲で、
とってもオシャレなMVを発見!

興味ある方はご覧あれ!

≪別在我睡著的時候打電話給我≫

寝てる時に電話しないで。
っていう歌。
もう、映像と音のタイミングがツボ過ぎる。

これまでのMVの中で好きなものも載せときます。
オノダンがウザイ感じのファンになってきてたら、ソーリー。

≪OH YEAH!!!≫

歌詞も胸キュン。

≪再見勾勾≫

再見勾勾は、とってもとっても好きな曲で、
何度聞いても良い。

盧廣仲を初めて知ったのは、
中国のMTVでこの↓MVを見た時でした。

≪早安,晨之美≫

思い出のMV。
ルー君は初期でもやっぱりお洒落。

あ~、素敵。
台湾に会いに行きたい。

素晴らしき世界

先日、タクロックのパパが野球の試合観戦をしていたのに続き、
昨日、タクロックのママ&タクロック&オノダン
の3人で、甲子園に野球を観に行きました。

阪神と中日の試合。

オノダンはプロ野球初心者なので、
ママ&タクロックにご指導いただきました。

この日ラッキーだったのは、
始球式がなでしこジャパンの澤選手!
1e6bea4e981b8e6898b
澤選手がすぐそこにいる~~!

けど、オノダンは注目する観点が分からないのと、
画面に映る姿を写真に撮りたいのと…
色々あって…
集中して見れなかったぁぁ~。

始球式の時間、短い!
勿体無い事した気がする!

試合が始まると、
ママ持参の応援グッズ登場。
4e5bf9ce68fb4e382b0e38383e382ba
やはり、ファンは違うな、と思うオノダン。

更に!
トラ耳が生えたママ。
2e880b3
可愛い!

前の席の人の耳は
ハートになってました。
3e880b32

こんなに沢山の人が、こんなにトラトラして応援するなんて…。
新世界だわ。

そして、
先日パパが膨らましてて、
オノダンが爆笑した風船。

こちら、ジェット風船という名前がついてるようです。
e382b8e382a7e38383e38388e9a2a8e888b9
これ、7回の裏と勝った時に飛ばすらしく、
結構有名な事らしく、
知らない事の方が珍しいらしく、
…とにかくビックリの事実!

タクロック膨らましま~す。
e9a2a8e888b9
オノダンも膨らましま~す。
e9a2a8e888b921
そして、
みんな、今か今かとスタンバって…。
e9a2a8e888b93

やっとその時が来た!
みんなで飛ばす!
e9a2a8e888b94
壮観でした~!

今回感じた事。
大人は、こういう所で大人げ無さを発揮する。
発揮する場所が用意されている世の中は、
上手く出来ているのかもしれない~。

負けちゃっても、みんな結局楽しんでるようで。
素晴らしい世界だと思いました。